So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜に引っ越すので、恐怖物件だけは絶対に避けたい。

卒業までどんどん日にちが無くなってきているのに、まだ横浜物件を探している私です。

なかなか決まらないのには、訳があります。


それは、恐怖物件を避けたいから。

霊とかが出るのはもちろん嫌だけど、そう言うことじゃなくて、虫を避けたいんです。



今住んでいるアパートの前の物件で、恐怖の虫体験をしたことがあるからです。

虫が大嫌いなのに‥。



ある日大学からお部屋に帰ってくると、ぎゃーっ!

小指の爪より少しちっちゃいくらいの、黒い硬そうな虫が大量にいました。

倒れそうになりましたよ。

今でも思い出すだけでゾッとします。


あの黒いたくさんの虫は、どこから入って来たのかわかりませんが、とにかく大量にいました。

ああ気持ち悪い。


でもちょっと待って、もしかしたら、どこからか入ってきたのではなくて、発生したのかも‥。

私はプチ潔癖症なので、私が出したゴミとかに卵が付いてそこから発生したのでは無いはずです。

とすると、屋根裏かどこかに、黒い虫の卵が産みつけられたネズミか何かの死骸があったのかも‥

うわーっ!

寒気がします。

気持が悪いので、もう想像しないようにします。


この3回目の恐怖物件で懲りた私は、4回目の物件探しからは、虫が出ないことも選ぶときの基準になりました。



横浜の物件も虫が出ない所にしたいので、いろいろと考えてみたんですけど、こんな物件は虫が出るので却下ですね。


ツタの絡まるオシャレ物件

植物と昆虫は必ずセットです。

絶対いるって。

窓を閉めても、どこからか必ず入ってきます。


沼とか池とか川とかに近い物件。

蚊は水に卵を生むということを、小学校の理科の時間に習いました。

トンボの幼虫も水の中にいるよね。

ということは、水の近くに虫が来るはず。


水銀灯の近く。

夏の夜になると、カブトムシとかクワガタとか、羽の生えた小さな虫が群がってきます。

ぐわんぐわんぐわんと群がってきます。

うわーっ!


街路樹

街路樹って遠くから見ていると、素敵なこともあるんですけど、ここも必ず虫がいます。

鳥さんが食べてくれるけど、生き残りが必ずいますって。


隣の家のお庭

隣のお庭に植木とかがあると、虫が住んでいるはずです。


クヌギとか栗の林

これ、盲点だと思うんですけど。

クヌギとか栗の林はちょっと遠くにあっても、そこにカブトムシとかクワガタとかがいて、街灯目がけて飛んできます。



横浜に引っ越しても、即効で殺虫剤は買いますけど、使うことが無いようにしたいです。

卒業までに虫が出ない物件が見つかるかなぁ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。